So-net無料ブログ作成
思い出 ブログトップ

恋するフォーチュンクッキー 99’ [思い出]

File0017.jpg
歌番組観てて思い出した99年のフォーチュンクッキー。ルワーズStのチャイニーズレストラン。
nice!(4)  コメント(1) 

温泉旅行三代 四万温泉たむら [思い出]

40年の月日を隔てた光景・・・たいして変わらない驚き。
2011 4月2日桜日常 0541.jpg
File00251.jpg
画像 1791.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

流氷の思い出 2003’冬 [思い出]

画像 350.jpg
画像 333.jpg
画像 264.jpg
もう10年が経つ。釧路網走縦断1泊2日流氷の旅2003。当時は地域振興の補助金が出て北海道旅行がかなり安かった。このときのツアーも1万5千円くらいだったと思う。
画像 441.jpg
画像 374.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

仁王さま ~東庄~ [思い出]

2012 11月11日東庄 016.jpg
2012 11月11日東庄 022.jpg
おやじの実家の檀家の寺の仁王さまが凄かった。子供の頃、毎夏泊まりに行くたびにこの迫力に圧倒され、境内の”さーぞか婆ぁ”の像にはその物語と役割を聞かされ戦慄した。この懐かしさ、既視感、私の原風景か・・・
2012 11月11日東庄 028.jpg
2012 11月11日東庄 036.jpg
2012 11月11日東庄 014.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

明治丸再建を望む [思い出]

2010 12月13日日常 039.jpg
2010 12月13日日常 032.jpg
2010 12月13日日常 049.jpg
2010 12月13日日常 046.jpg
先日、出張のついでに門前仲町の母校を訪ねてみた。実に10年ぶりのキャンパスの光景。佃島や月島の高層マンションが増えている。豊洲方面も発展著しい。すっかり大都会の中心になってしまったような光景が拡がる。そんな高層ビル群のふもとでわが明治丸が大変なことになっていた。マストも無いし、自慢の船首の衝角も途中で切れたように見える。美しかった白亜の船体には錆びの痕がクッキリと浮かんでいる。たぶん甲板の木材もひどいことになっているだろう。シール材も朽ちてるだろうから内部の豪華な調度品も心配。重要文化財がこんな姿になっているなんて・・・。わがニッポンがこういうところに余裕を持てないなんて哀しい限り。独法化した国立大学には文化財を維持する体力すら無いのか・・・。海洋会は寄付を募らないのか。NY社やN財団あたりも金を出してくれないのか。なんとか明治丸再建を。そしていつの日か連合艦隊・空母機動部隊も再建し、海洋帝国ニッポンを復活させようじゃありませんか。
2010 12月13日日常 052.jpg
2010 12月13日日常 057.jpg
nice!(8)  コメント(1) 

北京の思い出 2007’夏  [思い出]

画像 558.jpg
画像 516.jpg
画像 531.jpg
画像 519.jpg
2007年の夏、日中友好35周年訪中団で北京に行った。オリンピックを間近に控え、街の再開発で活気にあふれ希望に満ちた中国を観た。一方で、取り壊される趣きのある古い街並み、繁華街にたむろする怖い雰囲気の人たち、夜の北京駅前は地べたに寝込む宿の無い人々で足の踏み場もない。負の面は確かにあった。そもそもこの訪中団も我々が北京に出張っていったのに、我々が会場を手配し彼らを招待した。そして常に監視していた党の関係者。日本とは明らかに異なる全体主義と中華思想の片鱗を見た。エリート層には友好の裏にここ100年の日中の立ち位置にガマンがならない体が滲み出ていた。あれから3年、いっそうの経済成長を経て、どこまでいってしまったのか。彼らの反日デモ・暴動を聞くと南京領事館の事件、通州事件、通化事件など恐ろしい仕打ちの数々が現実にせまってくる。いつの間にか眠れる獅子の”清”よりもはるかに怖い”赤い帝国”が確実に日本のすぐそばにある。まるで日清・日露戦争前に”振り出しに戻る”の情況。次の世代のため太平洋の楽園を守るには、これからの10年、友好の裏側でまじで連合艦隊を再建するしかないでしょ。
画像 485.jpg
画像 492.jpg
画像 750.jpg
画像 752.jpg
nice!(3)  コメント(1) 

忘れられない光景 オンネトー [思い出]

画像 820.jpg
山の中に突然現れた湖がこの世のものとは思えない色合い。娘も長男も確かにここにいたのに、今から思えば夢だったような、忘れられない光景が。
画像 803.jpg
nice!(1)  コメント(1) 

ブダイ ・・・なのか? ~雙連 台北~ [思い出]

2009 3月26日台湾台北2 104.jpg
台北の雙連朝市で発見した謎の魚。私たち家族の中で大人気のブダイを思わせる風体・・・若干異なるが・・。
体つきといい鋭い乱杭歯といい、あんたブダイでしょ。煮たら美味いんじゃないかな。
nice!(1)  コメント(0) 

スキャバーズの思い出 [思い出]

画像 119.jpg
画像 115.jpg
画像 138.jpg
2005年夏頃、スキャバーズの写真が出てきました。まだ小さかった子供たちとスキャバーズで近くの公園に出かけ遊ぶ図。
画像 121.jpg
画像 140.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

ロータス2 現実を超越した瞬間がある第2弾 [思い出]

画像 004.jpg
画像 010.jpg
2006年の夏、鴨川に抜ける山道のいつもの蓮田にロータスが満開。帰り道には夕立を受けて崩れたロータスが、葉の産毛に水滴を湛えながらキラキラ輝いてました。
画像 008.jpg
2007 7月鴨川旅行0701.jpg
2007 7月鴨川旅行0711.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

ロータス 現実を超越した瞬間がある [思い出]

画像 045.jpg
画像 038.jpg
画像 042.jpg
2005年、房総半島を縦断して海に抜ける山間の道に、蓮の田がありました。満開には早い薄い桃色のまだ固い蕾が周囲の緑といっしょに夕日に照らされ、驚くほど鮮やかでした。まだ小さかった子供たちもキャデラックのシートから身を乗り出して観てた。アグファのリバーサルフィルムのような光景・・・。
画像 047.jpg
画像 049.jpg
画像 051.jpg
画像 050.jpg
nice!(1)  コメント(1) 

満艦飾 明治丸 ~越中島~ [思い出]

File0033.jpg
File0005.jpg
母校の校庭に永久係留された明治丸。灯台監視船として竣工、明治天皇の北海道巡幸のお召し艦にも選ばれ海の日の元にもなったシップ型名艦。贅沢な内装も見事なもの。学生時代は当たり前の風景が今となってはあの頃の日々のシンボルだ。明治丸の芝生で小さいことから大きいことまで・・・今では恥ずかしい青臭い日々。
File0031.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

母校 [思い出]

File0006.jpg
File0008.jpg
20年前、毎日通って一日の大部分を過ごした母校。長男がまだ小さかった頃、学祭や記念会館に連れてったきりもう10年以上経ってる。この頃の日々が自分にとってどれだけのものだったか。たぶん授業や単位なんてものより、”気概”みたいなものが現在の自分を支え続けてる基盤になった。これが最大の成果か・・・。子供たちはこの時代をこれから送ることになる。なんともうらやましくて嫁さんとこの話題で盛り上がる。もう一度繰り返すならどこにする?何学部?沖縄とか行っても良かったな。芸術学部もいい。鉱山学部行ってたら南米の山中とかにいたかも・・・。でもやっぱり海・・商船学部だ。国際政経に決まってるわ。どうやって就活する?今就活してても私だったら負け知らずよ。オレだってそうさ・・・。(そうかな?)
File0007.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
思い出 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。