So-net無料ブログ作成
本・映像感想 ブログトップ

ゴールデンゲーム ルパン三世~ロシアより愛をこめて [本・映像感想]

2010  9月19日富浦 315.jpg
3人の関係性が大好きで、子供の頃からルパンの大ファンだった。そしてルパンの主題歌や挿入歌も素晴らしい。特にしばたはつみが唄うGoldengame。とっつぁんの声優さんが亡くなって、あらためて聞きたくなった。あなたの声が聞きたいだけよ深い絆があるようで、私の胸に抱きしめたくて・・・哀しさと切なさが素晴らしすぎ。まだ寒い春の朝の霞んだ景色にぴったりだ。
nice!(1)  コメント(0) 

最後の”炎上路線” [本・映像感想]

最近気になる曲のひとつが”炎上路線”。詞にはいまどきの小道具も登場するが全体的に昭和50年代の光景がひろがり、曲は高田みづえのアルバムに入ってて不思議でない感じ。「会いたい。会えない。でも会いたい・・」なんて25年前に滅んだ鉄板の3段活用。この刹那的昭和ヤンキー歌謡をiPodで観ながら通勤する21世紀の不思議。・・・この1ヶ月の騒動・・・人が左遷される瞬間をまのあたりにしたりして。この二人が演じる傑作”炎上路線”を淋しいおっさんから奪わないでくれ・・・。
untitled2.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

八甲田山 天は我々を見放した・・・ [本・映像感想]

2011 8月21日日常 080.jpg
あまりの暑さにすっかりへばった夏の休日。涼をもとめてすずしい映画でも観ようかと選んだらちょっと寒すぎた・・・。けして愚かでもなく、かえってきっちりしてるくらいなのに陥ってしまう隣り合わせの地獄。判断の方向、不運、小さなミス、これらが重なってどうにも抜け出せなくなる負のスパイラルは日本人組織の宿命なのか。映像も寒いが現代社会や自分に重ね合わせてもっと寒くなった。それにしても遭難が始まると誰が誰やら、青森第5連隊は北大路欣也しか判別つかんし・・・。
nice!(4)  コメント(0) 

化石の荒野 リメンバー愛は血を流す [本・映像感想]

画像 443.jpg
久しぶりに聴いた大好きな曲”化石の荒野”衝撃も新たな・・・。北の荒れる海を超望遠で写すいかにも寒そうな光景。風に流される海鳥。アイドルポップスしか興味無かった頃ジャジーな大人の世界に憧れた。低めなのにキレの良さでか細く感じさせ女性らしさが際立つ声。中間レンジでもビンビン響き渡るところなど現代ではすっかりいなくなったプロ中のプロの貫禄。「リメンバー愛は血を流す・・・」歌詞も凄すぎです。背中合わせに眠るのは胸が冷たく思えるから・・ってこんな大人のポップス、21世紀の今あえて素晴らしい。しばたはつみさん、もういないのか・・・。
nice!(5)  コメント(0) 

警察署長 ビリー、お前と組んでよかったぜ [本・映像感想]

2010  4月25日日常 007.jpg
ゴールデンウィークの夜長、久しぶりにこのミステリーに夢中になりました。南部の町デラノで起きた40年にわたる連続殺人事件を軸に、人種問題、KKK、戦争、を絡めアメリカの田舎町の雰囲気が実に見事に描かれる。2世代、3人の個性的な警察署長の時代がこの事件にあたる。序盤、初代署長の息子と黒人農夫の息子の少年時代、成長し大人になった二人の終盤、散りばめられた布石が見事に繋がって事件解決にむかう壮大な”縁”の累積が巧みなストーリー。映像版ラストシーン、少年時代に追い出された農園を再び手に入れたビリーと、波乱の人生を送ったことを告げるワッツの”名乗り出”のシーン。原作版にはないがクライマックスにはこの感覚が充満してた。これを映像化したのは見事な演出。映像版”チーフス”、VTR時代はレンタル店にもありましたがさすがにDVDは見かけませんな。
nice!(1)  コメント(0) 
本・映像感想 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。